多摩市の社会保険労務士「エリ・オフィス」人材育成、各種研修・セミナーなどお気軽にご相談ください。

多摩市の社会保険労務士「エリ・オフィス」

お知らせ情報

エリ・オフィスの お知らせ情報

お知らせ | 

偽装請負となりますか?発注者の労働者による請負事業主への応援

Q発注者から大量の注文があり、請負労働者だけでは処理できない時に、発注者の労働者が請負事業主の作業場で作業の応援を行った場合、偽装請負となりますか?

 

A発注者の労働者が、請負事業主の指揮命令の下、請負事業主の請け負った業務を行った場合は、発注者が派遣元事業主、請負事業主が派遣先となる労働者派遣に該当します。

なお、請負事業主では大量の注文に応じられない事から、従来の契約の一部解除や変更によって、請負事業主で処理しなくなった業務を発注者が自ら行うこととなった場合等は、変更等の手続きが適切になされているのであれば、特に違法ではありません。

労働者派遣事業と請負により行われる事業との区分に関する基準(37号告示)に関する疑義応答集より

 

労働者派遣とは「自己の雇用する労働者を、当該雇用関係の下に、かつ、他人に指揮命令を受けて、当該他人のために労働に従事させること」です。

つまり、請負事業主が請け負った業務を請負事業主の指揮命令の下で、請負事業主と雇用関係にない者(発注者の労働者)を働かせる場合は、請負事業主=派遣先(指揮命令者)、発注者=派遣元、発注者の労働者=派遣労働者(発注者と雇用関係)となってしまいますので、注意が必要です。